2017年3月25日 (土)

暖かくなれば・・

郷里の妹から、手作りの桜あんぱんが送られてきました。

生地はもちろん、さくらの餡、最後の塩漬けの桜の花まで、すっごく美味しかったよ~!ヽ(´▽`)/

来月は一足先に、桜を見に四国まで行く予定です。楽しみ!!

Dscn7560


                        暖かくなればやりたきことあまた

                        (あたたかくなればやりたきことあまた)

2017年3月24日 (金)

春夕焼

札幌辺りではまたまた雪、らしいですが・・

こちらは、風は少し冷たいものの、良いお天気で雪解けが進んでいます。

大きな夕日・・なんだか気持まで温めてくれるようです。

Dscn7552


                        玻璃染むる春夕焼の背にかな

                        (はりそむるはるゆうやけのせなにかな)

2017年3月20日 (月)

春彼岸

彼岸の中日で、お墓参りに行ってきました。

今日は今までで一番暖かくて、四月の気温だったとか?

雲一つない青空・・四方の山には残雪が・・

墓地からの風景は長閑で、船の動きもゆったり・・春だなあ~~(´ρ`)

えっ!明日はまた寒くなる??Σ(゚д゚;)

Dscn7558


                       
                           入船の航跡眺む春彼岸

                           (いりふねのこうせきながむはるひがん)


2017年3月14日 (火)

京の旅

三泊四日、京都への俳句の旅をしてきました。

結社の祝事に参加させて頂き、俳句への思いを新たにして・・

今後も頑張って楽しみたいと思います。

想えば・・40年前に住んでいた、北山橋の袂まで、当時は無かった地下鉄に乗って行ってみました。

北山通りは様変わりしていて、寝っ転がって友と戯れた賀茂川の土手もきれいに整備されて・・

懐かしく想い出に浸ってきました。

Dsc_0798

翌日は句友の方々と下鴨神社へと吟行。
舟形の大きな岩の御手洗です。

Dscn7548


                  うららかや上ル下ルの京の旅

                  (うららかやあがるさがるのきょうのたび)

                  御手洗の絶えざる水の温みけり

                  (みたらしのたえざるみずのぬるみけり)

2017年3月 6日 (月)

御殿雛

昨日観てきた御殿雛。

三種類展示されており、いずれも大正から昭和初期頃のものらしい。

よく見ると、顔かたちも衣装も全く違っています。

この時代のお雛様のお顔は、雅そのもののような印象です。

ただ真っ直ぐ前を向いているのではなく、それぞれに表情豊かで動きが感じられ百年近い時を経て、

何か語りかけてくるような気配さえして・・不思議・・(・oノ)ノ

御殿の中のお内裏様とお雛様は御簾(みす)に隠れてなかなか見えにくい!

覗いてみると、お雛様の髪飾りが煌びやかで派手なものだった(*^-^)

下は、大和絵雛屏風、ひな飾りとして、屏風自体も飾ったそうです。

Dscn7527


Dscn7530


Dscn7531


Dscn7533


                  
                          覗き見る御簾の内なる御殿雛

                          (のぞきみるみすのうちなるごてんびな)

2017年3月 5日 (日)

啓蟄

今日三月五日は啓蟄(けいちつ)です。

(土中に冬眠していた虫が春暖の候になって穴を出てくること)ホトトギス季題便覧

ということですが、風はまだまだ冷たく、雪がちらつく一日でした。

そんな中、博物館に古いお雛様が展示されているとの情報で、行ってきました。お雛様は大正時代から昭和初期のもので、御殿雛という形式のもので、初めて見ましたが良かった・・・この件は後日に・・

というのは、今日の啓蟄にちなんで、この博物館の敷地内の小さな「虫塚」を見てきたので、こちらを先に・・

虫塚の説明もあったので、一緒にアップです。

説明にもある、真ん中の蓋を持ち上げると、中には水が溜まっていました。

Dscn7538

Dscn7537


                   
                        啓蟄や虫塚に日の当たりをり

                       (けいちつやむしづかにひのあたりおり)


2017年3月 3日 (金)

雛祭り

今日は雛祭り・・

お雛様は飾りはしたものの、それっきり。

忙しさに追われて、孫のお雛様を見に行くことも出来ませんでした(;´д`)

母のところには、童雛の掛軸を・・

Dscn7516

Dscn7518


                       老いし母の部屋に飾りし童雛

                      (おいしははのへやにかざりしわらべびな)

2017年2月28日 (火)

二月尽

二月が慌ただしく終わってしまいました。

この短い月・・半期決算月でもあり、残業も珍しくなく・・

二、三日前のプレミアムフライデーという言葉は、よその国のことば?って感じ(笑)

月末の金曜日なんて、一番忙しい! 我々には関係ないかな(ノ_-。)

羨ましい限りです。

Dscn7513


                    夜業の灯やうやう消して二月尽

                    (やぎょうのひやうやうけしてにがつじん)

2017年2月26日 (日)

春の雪

まだまだ雪降り止まず・・外は重い春の雪です。

降っては解け、積もっては解け・・の繰り返し・・

この雪も一日で半分に・・

確実に春は近づいてはいるものの・・(゚ー゚;

そんな中、久しぶりに美容室にいって、スッキリしてきました。

Dscn6524


                      美容室の椅子に眠れる春の昼

                     (びようしつのいすにねむれるはるのひる)

2017年2月21日 (火)

春は何処?

今日は晴間が覗いてはいたものの・・凍りつくような、寒い一日。

車で通りかかった畑の道路・・

一気に黒土の大地が顔を出し始めていたのに・・

また雪に覆われて・・それでも春近し?かな?

Dsc_0788


                        野の風に春の行方を問ひにけり

                       (ののかぜにはるのゆくえをといにけり)


俳句を始めて間もない頃に詠んだ句。
この時期になると、いつも思い出す拙句。

«君子蘭